カテゴリ:travel( 2 )
秋の旅 飛騨高山
10/30・31に祖母と1泊2日の旅行に行ってきました。
行き先は、祖母希望の飛騨高山です。
出発から、ハプニングが起こったりと大変でしたが、無事に高山に到着しました。

● 新穂高ロープウェイ
高山から1時間ちょっとバスで移動します。
日曜日だからか、満員でしかたが無事に席に座ることができてホッとしました。
どんどん山を登るにつれて、紅葉が深まってきました。
本当に驚くような美しさです。
ロープウェイに乗るのは、初めてのような気がします。(記憶にないので)
2つのロープウェイを乗り継いで頂上まで行くのですが、展望台は激寒!!!
景色は、本当に素晴らしかったけど薄着だったので寒くて、すぐに降りてしまいました。
下りのロープウェイは、すごく混んでいて、予定していたバスに乗り遅れてしまいました。
予定より1時間遅れで、17時過ぎに宿に到着しました。
私は、宿の近くにある大滝を見に行こうと思っていたのですが、
すっかり陽も暮れてしまったので諦めました
d0001245_055637.jpg

● 旅館・温泉
今年も祖母が奮発して、露天風呂付きの部屋を予約してくれました。
大きな旅館でしたが、泊まる部屋は隠れ家風になっていて、ひっそり静かでした。
部屋に案内される前に、浴衣を選ばせてもらいました。
祖母は、抹茶色の浴衣で、私は紺地に淡い紫の花の模様のにしました。
部屋は、広すぎることもなく、照明も明るすぎず、居心地がよかったです。
また、お風呂は専用の内風呂と露天風呂がありました。
まずは、大浴場でさっとはいってから、寝る前に部屋のお風呂につかりました。
のんびり時間をかけて、ゆっくりつかることができました。
祖母は夜中にもはいっていたようです。(私は熟睡していました)
私は、5時半頃に起きて、一人で露天風呂にはいりました。
ずっと、石の上に座って、ぼんやりと景色を眺めていました。
遠くの山は霧がかかっていて、夜明け前の景色は、なんだか幻想的でした。
ずいぶん長くぼーっとしていたようで、すっかり体が冷えてしまい、
内風呂の方で、またゆっくり体を温めました。
朝食まで、まだ時間があったので、旅館の周りを散歩しました。
d0001245_061860.jpg

● お食事
お食事は、別のところで頂いたのですが、囲炉裏があり、
ちょっと薄暗いかんじの落ち着いた雰囲気でした。
山の旅館でしたので、山菜中心の料理が並びました。
しかし、今回の料理のメインは『飛騨牛』。
鉄板で焼きながら食べるのですが、やわらかくて美味しかったです。
ゆっくり、時間をかけて食べたので、お腹がいっぱいになりました。
祖母は、地酒をいただいてフラフラしていました(^^)
次の日の朝のご飯は、粟入りのお粥にしてもらいました。
朝も同様に山菜中心のお料理。
お粥には、高山名物の朴葉みそを炭火で炙ったものを乗せていただきました。
また、朝はトマトジュースと赤しそのジュースを選べるようになっていて、
私は赤しそのジュースを選びました。
しその味が強いのかなと思っていたけど、とっても飲みやすくて美味しかったです。

● 宮川朝市・古い町並み
まずは、駅から10分ほど歩いて宮川朝市へ。
お漬物・高山りんご・お野菜・お花・・・などの店が並んでいました。
ブラブラ見て回って、古い町並みのメインである上三之町筋へ行ってみました。
ひと通り、ぐるっと見て回って感じたことは、
高山の町並みは京都の河原町に似ているなぁと言うことでした。
d0001245_10244340.jpg

● 飛騨の里
高山の町並みを見て回ってから、飛騨の里へ移動しました。
「飛騨の里」には、合掌造りをはじめとした飛騨の古い貴重な民家が移築復元され、
なつかしい農山村の暮らしなどが再現されています
茅葺きの民家や昔の古い道具などを見ていると、昔話の世界のようでした。
祖母は、疲れたからと休憩している間、一人でぐるっと見て回りました。
秋の紅葉の飛騨の里は、本当に素晴らしい景色が広がっていました。
ただ、機織りや刺し子の実演が見れなかったのが、残念でした。
d0001245_063814.jpg
d0001245_064952.jpg

1泊2日の旅行だったので、去年の湯布院の旅でもそうだったけど、
バタバタすることが多くて祖母にはしんどかったかなぁと思いました。
遠くに見える山の紅葉は油絵のようで、それぞれ微妙に色が違ってて
自然の色って深いなって感じました。
たくさんの写真を撮りましたが、写真じゃ本当の色は伝えきれないですね。
色々と大変なこともありましたが、自然の風景に癒された旅になりました。
また、祖母との思い出が一つ増えました。
d0001245_111319.jpg

[PR]
by pinoko728 | 2005-11-01 23:35 | travel
夏の旅 三重
友達のmkちゃんとusafusaちゃんと一緒にレンタカーを借りて
18日~19日に1泊2日の旅行に行ってきました。
今回の旅は、行き当たりばったりな私たちにしてはスムーズに進むことができました。
(本人たちもビックリです・笑)

まず、8時半に合流して出発しました。
最初の目的地は、『おかげ横丁』です。
お目当ては、伊勢うどんと赤福氷でした。
伊勢うどんは、もちもちしたような初めての食感でした。おいしい!
赤福氷も初めてで抹茶の蜜がドバーっとかかってて中に赤福餅が入っていました。
これもおいしかった!!
お腹もふくれて大満足になり、(ひものの店でつまみ食いをしたり)
ぶらぶらお店を見て回りました。
しかし、実はおかげ横丁での収穫は、伊勢うどんでも赤福氷でもなく、
mkちゃんが食べるときだけはサウスポーだということを11年かけて
初めて2人とも知ったと言うことでした。

次の目的地は『ナントカ‥ふるさと村』です。
ふれあい広場で動物たちにカゴいっぱいのキャベツをあげました。
うさぎ・ひつじ・ロバ・やぎ・ダチョウなどがいました。
うさぎ大好きのusafusaちゃんは大喜びでした。
私は歯をむき出してキャベツをねだる羊に大ビビリでした。。
mkちゃんはダチョウにキャベツを投げてたけど無視されてました(笑)
d0001245_124021.jpg
思った以上に、ふれあい広場を堪能した後は、
2時半から予約していた陶芸教室です。
可愛いおじいちゃんとおばあちゃんが教えてくれます。
陶芸をするのは小学生以来です。
当時はなかなか上手に出来て誉められた記憶があったので、
なんとかナルと思っていましたが、
なんともならず最初からつまづいて悪戦苦闘するはめになりました。
私の横では、usafusaちゃんが私以上に悪戦苦闘し、
さらにその横では順調そうに見えてたmkちゃんも「ウーム・・・」と唸っておりました。
悪戦苦闘の結果、茶碗なんだか湯のみなんだか分からない
大変に中途半端な作品が出来上がりました。
仕上がった作品は色付けされて郵送でmkちゃんの家に送られることになっています。
悪戦苦闘した分、愛着もあるので届くのが楽しみです。
陶芸の後、野菜などが売っていたのでバーベキュー用に買って行く事にしました。
野菜類は全てここで買いましたが、全部でなんと500円!安くてビックリでした。
ふれあい村では、童心に戻って楽しむことができました。
そして、ここからほんの一瞬だけハンドルをにぎることになりました。
(全く車の通行がなかったので)かなり久しぶりの運転です。。。
私の凄まじいハンドルさばきに、後部座席でusafusaちゃんが転がった気もしましたが、
被害にあったのは、「おかき」だけということでした。
皆さま、お騒がせいたしました。。。

d0001245_162461.jpg 
ここからコテージに向かいます。
一度、チェックインした後、買出しに行きました。
貧乏旅行を掲げていたのに、レシートを見ると6000円強・・・これはマズイ。
というわけで、「外食したら2000円くらいは軽く使うし」とか「飲みに行くよりは安いよね」
などと無理やりな、こじつけ言い訳を口にしながらコテージに向かいました。
コテージは、おしゃれなログハウスで家具なども可愛くて素敵でした。
興奮状態で見てまわった後、ちょっと休憩してからバーベキューの用意をし始めました。
テラスにバーベキューのセットが用意されてあったので、すぐに始められます。
しかし、明かりに誘われて虫が集まってきたので、
usafusaちゃんがライトの部分にスキンガードをシュバー!っとかけると激減しました。
(スキンガードに感謝)
それから、乾杯をして食べ始めましたが「おいしい!」
d0001245_132625.jpgd0001245_13396.jpg
久しぶりのバーベキューは暑かったけど、それ以上に楽しかったです。
お腹も満腹になり暑さにもバテて、部屋の中に戻ったあとは、おしゃべり大会です。
今回の旅の目的の一つに過去の自分をリセットする『棚卸し』がありました。
11年間お互いの成長を見てきましたが、過去を振り返り、いろんな経験、
失敗を繰り返してきました。
それぞれ傷つきながらも乗り越えて成長してきたんだなあというのが、よく分かりました。
話し込んでたら、天井から弱ったハチが落ちてきてビックリしました。
騒いで気づけば夜中の3時半になっていました。(これにもビックリ)
d0001245_1656084.gif
翌日は11時チェックアウトだったので昨晩遅かった分、ゆっくりしました。
2日目の目的地は『志摩スペイン村 パルケエスパーニャ』です。
私は初めてのスペイン村です。
ピレネーに乗ろうと、mkちゃんやusafusaちゃんは喜んでいましたが、
ジェットコースターの苦手な私はビクビクでした。
しかも、ピレネーを見たら、足がぶらぶらバージョンで更にビックリでした。
とにかく、急流すべり→普通のジェットコースター→ピレネーという3段階でいく事になりました。
急流すべりはOKでしたが、普通のジェットコースターでかなりの恐怖を味わってしまいました。
大絶叫しまくりで、mkちゃんは大爆笑でした。
すでに地獄を垣間見たというような気分でピレネーです。ダイジョウブカナ・・・ドキドキ。
足のブラブラ感はあまり感覚なかったけど、
高いところも苦手で上がった段階で大絶叫しながら目をつぶってしまいました。
でも、目を開けなければ・・・と思って目を開けたら空・そら・ソラ・・・!!!
なにがなんだか状態で高いし怖いし半パニックで、そのまま声を置き忘れてしまい、
恐ろしくて最後まで目をつぶりっぱなしでした。
降りるとmkちゃんが私の絶叫が急に止まったから「気絶したかと思って心配した」
と言われました。心配かけてごめんね。
この3段階で心身ともに疲れてしまい、その後はパレードを見たり、のんびりと過ごしました。
結構、ぐるぐる歩き回ったのですが、
確実にどんどんどんどん太陽に生気を吸い取られていくのが分かりました。
休憩して水分補給したあと、もう一度ピレネーに乗ろうとなりました。
私も今度は目を開けて楽しみたい!という目標で乗りました。
2回目は、ちょっとリラックスして乗れました。
目もぱっちりは無理だったけど片目の薄目で頑張りました。
案外、目を開けてる方が余計なことを想像しないから怖くなかったです。
このあと、体力の限界を感じ帰ることにしました。

今回の旅では、素の自分で向き合える友達がいるのは幸せなことだと
今まで何度したか分からないけど、さらに再確認できました。
それと、いかに自分がアウトドア派じゃないということも思い知りました(笑)
次回の旅では、KEIちゃんも揃って4人で初めての旅をしたいよね。

d0001245_1713478.gif ← usafusaちゃんの日記
[PR]
by pinoko728 | 2005-08-20 16:33 | travel