歓迎会
今の会社に入って、ちょうど1ヶ月が経ちました。
あっという間でしたが、同じ部署の人たちが歓迎会を開いてくれました。
まずは、幹事のyさんが挨拶をしてくれて、次は私の番です。
ありきたりの言葉しか言えなかったけど、
歓迎会を開いてくれたことのお礼と、1ヶ月経ったことの感想と
いい人たちに迎えてもらえてよかったという感謝の気持ちを伝えました。
そのあと、部長からも言葉をいただいて歓迎会の始まりです。
私は、歓迎会というと、居酒屋とか炉端のイメージが強かったのですが、
なぜだか、フレンチなのにびっくり!
カジュアルフレンチだから、堅苦しい感じではなかったけど、
ナイフとフォークを使うことに慣れていない私は緊張しまくり(笑)
そして、飲み物はもちろんワインです。
ビールを飲んでバカ騒ぎなんて、とんでもない。
とても上品な歓迎会でした。
たぶん私が女だから、ちょっとお洒落なフレンチにしてくれたのかもしれないけど、
そういうところまで、気を配ってくれることにも驚きです。
隣で部長も、「女の子の好きそうな料理やな」と言ってたし。
昨日に引き続き、緊張の中でも、みんなの温かさで楽しいひとときでした。

帰りに、課長が私の面接の時の印象を話してくれました。
ガチガチに緊張してたのが、すごくよく分かったということと
いろいろ仕事の説明や話をしていた中で、
私の言った一言が忘れられなかったと言ってました。
自分にとっては、何気ない一言だったのだけど、
課長の心に残って、今も忘れずにいてくれてることが嬉しかったです。
本当に今の会社に入れてよかった。
[PR]
by pinoko728 | 2006-05-24 23:58 | diary


<< Ciao! Bravo!! 緊張のひととき >>